ErikoIto.blog

美容雑記や育児日記をつめこんだウェブログ✏

【美容】 私自身が商品です

美容室moonのスタイリスト 伊藤 です?

 

突然ですが…

皆さんは美容室に行くときって緊張しますか?楽しみですか?

 

私は

「緊張して、なんかよくわからないけど直前にちょっとやめようか迷う」人です?

(あ、行きますよ!ドタキャンはしません!)

 

勿論、

・キレイになれるワクワク感✨

・身だしなみを整えるため✨

 

という点では気持ちが前向きなのですが、

 

・オシャレなお兄さんお姉さんのシャンプー緊張するぅぅぅぅぅ?

・髪型、なんてオーダーしよう!!!ああ、もう担当さんきちゃう!

「お、お、お、おまかせで!(初対面なのに)」

 

となるので、最終的に

≪お店にはいる直前にものすごく緊張している≫

状態になります。

 

あ、すみません。一応美容師ですよ。私も。ははは。

 

だって、美容室って「非日常」じゃないですか?

毎日働いてる私でも、他のお店に行くとこんな風になります。

いや、でも、たぶん・・・私の例は結構ひどい( ;∀;)

 

なので、この人のカットが好き♪カラーが上手♪などに加えて

『担当美容師さんとの相性』ってとても大切なことじゃないかなと思っています。

 

ー相性とはー

個人的には、相談のしやすさや話しやすさ、自分のほしい情報を与えてくれるか…を見ることが多いです。

(女性はフィーリング、男性は理論的に相性を見ることが多いようです)

 

周りからよく言われる美容師の印象…

・おしゃべり

・切りたがる

・専門用語が多い

といったラインナップ

 

担当さんがおしゃべり好きで、「話すのは楽しいけど、なかなかこっちの話が出来ない…」では本末転倒な気がします。

それに加え、説明してくれてるけど何言ってるのか単語が分からない…(シャンプー中に「ネープから洗いますね」とか)など…。うん。あるなぁそういう場面。。。?

 

あとは単純に今月のおすすめ!みたいな感じでケア剤でてくるとね。。。

それは私に合ってるの?どう使うの?と。(遠い目)

 

そういったところも総合して見て「この人は私と向き合ってくれている!」と感じる人と出会えればベストですよね?

 

「私」という商品

f:id:eriko_moon:20160201194603j:plain

詰めていくと「私自身が商品である」というところにいきつきます。

 

多くの人の中から選んでもらえているというのは、私にとってはとてもうれしい事です。

お客様には「スタイリスト伊藤絵里子」の時間を買ってもらっているわけです。

技術にしても、接客にしても、一緒に過ごす時間で120パーセントの自分をだせるように。

 

少しでも「あー、今日は美容室に行って良かったなぁー」と思っていただけたら幸せです?

 

まとめ

技術職でありながらも、個々の人間性がしめるウェイトもかなり高い「美容師」という職業。

 

選ぶ側としても見極めるポイントが様々です。

 

何に対して対価を払うか。(単純に技術重視なのか、居心地の良さなのか、楽しさなのかetc)美容室になにを求めるか。。。ですね!

 

また選ばれる側も「何を信念にして仕事をしているか」が大切ではないでしょうか。

 

 

ちなみに・・・「カットのセンス、相性」に関しては一回の来店では見極めるのが難しいと思います。

 

(前の人のカットバランスがベースになっているので、大体3回くらいはカットしてみないと、担当美容師さん本来のセンスはなかなか発揮されないと思います )

 

ちなみに私は、「ご自身の髪・ヘアスタイルを好きになってもらうためのお手伝いをさせてもらう」という思いで仕事をしています。

 

 

今回はこの記事を読んでのブログでした↓

hyodo-moon.hatenablog.com

(うちの社長です。)

 

 

髪のお悩み、お気軽にご相談ください♫

コメント欄でも、Twitterでも(@eriko_ito_moon)https://mobile.twitter.com/account受け付けております?

 

美容室moon

神奈川県川崎市中原区1-533

044-733-3155

beauty.hotpepper.jp

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする